セミナー/in市原

4日(日)

この日は千葉県市原市でセミナーの講師業でした。

[Hot yoga sutajio Garbha]さん

~ホットヨガスタジオ ガルバ~
https://garbha.yoga/

今回は、すでに都内・市原・千葉近郊で
活躍するヨガ指導者対象のセミナーと

同じく都内・木更津・市原でヨガスタジオを経営される
オーナーさん向けセミナーの2本を担当させてもらいました。


結局、3時間と2時間。

いやー、出し切った感、ハンパない脱力❣

1週間前に新宿の養成校の在校生向けセミナーを
担当させてもらっていて

この1週間で、ヨガ業界人っていう共通で
対象が異なるセミナー3本❣

ウゥーーー、やり切ったぁ(≧▽≦)

当日、市原まで4.5hもかかって行った(笑)

これまでの3h記録更新❣という(;^ω^)

もしかしたら❣って思って
だいぶ早く自宅を出発したことが良かったのか?

はたまた、その余裕がさ迷いを誘ってしまったのか?(笑)

まぁ、でも私の運転音痴は
もう、30年以上の年季ものだから、今さらしゃーないな(^-^)

遅刻をせずに今回も市原まで行けたことにホッとしてる。




私ごときのトーク企画してくれた、ガルバオーナーのたまきさん。

しかも、今回は初めてヨガスタジオのオーナー様向けに
トークをさせて頂く企画まで設けてくれて。

もう、ありがたいしかないです。

その彼女のおかげで
伝えたいことを伝えることができた日でもありました。

フリーランスで活動するヨガのインストラクター。
キャリアのある皆さんです。
さらにキャリアアップを目指して今回セミナーに参加してくれた皆さん。

10年くらい前からフリーランスって言葉が
世間で耳することが多くなって
今、フリーランスが一つの職業として、
認知され昔に比べると
社会での信用度も存在も大きくなっています。

どんな職種でもフリーランスが可能な今の世の中。

心身ともに豊かになった象徴だと思うし
人間の進化の象徴だとも思う。

好きなことを仕事にする。

どこかのCMのキャッチコピーのようだけど
よく、耳や目に入ります。

仕事。
そうですね~
私の仕事のルーツは

中学1年生が初めての経験で新聞配達でした。

中3まで3年間やりましたね☺

当時、4万円くらいお給料をもらってました。
40年前ですから、かなり良い金額だと思います。

なんで、大人は仕事をするのか?
なんのために、勉強するのか?
なんのために学校にいくのか?

思春期らしい可愛らしい疑問を抱いていたのも思い出します。

早く起きて、
夏休みも
冬休みも
受験期も
部活の大会があっても
雨でも
台風でも
雪でも
当時、5社の新聞を配ってた。

ポストにいれたり
シャッターの下から入れたり
玄関を開けて放り投げたり
おじいちゃんが毎朝立っててくれて手渡ししたり
ヤクルトを毎朝渡してくれるおばあちゃんがいたり
牛乳受けの上にのせたり

自転車で配達してたから
雪なんか降るとツルっとすべって
全部新聞を落として濡れて
自宅に戻ってストーブで乾かしてまた配達したり(笑)
広告もいっぱいあって、
重くなるんですよ。

ハンドルがとられてしまうんです。

まぁ、いっぱい想い出があります。

それが、初めてのお仕事でした。

失敗もいっぱいあったし、
怒られたこともありました。
行きたくないって思うことも数え切れないくらいありました。


でも、
それ以上に良くしてもらった。
すごくいい大人が多かった。

可愛がってもらいました。
とっても楽しかった。

学校で嫌なことがあっても
新聞配達で会う大人たちはいつも朝から
変わらないであったかかった。

コツもつかんで
効率よく配達できるようにもなっていて
新聞店の店主のおじちゃんに褒めてもらうことが嬉しかった。

それに、配達を終えてから食べる
朝ごはんの美味しさはどんな料理よりも美味しかった。

ご飯食べて、学校の朝練。


あれから、40年❣

思春期のあのころ
多感で感受性豊かなあのころの経験は
この40年間の仕事との関わりに大きく影響しているんだと今思います。

たしか中3のとき

新聞配達を題材に作文を書くよう
先生に言われて
「仕事」というテーマで書いたことを覚えています。

社会の仕組みを書いて
先生や大人たちに絶賛された記憶があります。

「書く」ということで、頭の中が整理できていった。

まぁ、感性豊かな時期でもあったし
仕事や社会や大人になるっていうことを
きっと、理屈じゃないところで育めたような気がします。

きっと、そういう小さな経験の積み重ねがあって

どんな仕事でも楽しめるようになったのかもしれません。


「どんな仕事でもどんな立場で関わっていても
人は皆社会の役に立っている」

悶々としていた思春期の頃
経験から自分の答えを見出せたとき
難しい数式を解けたときより
達成感が生まれたことも覚えています。

娘にもよく話ました。
高校生になって、アルバイトに目が向くよう
見えないパワーを与えていました(笑)

シンプルなんですよね

世の中の仕組みって
やるべきことを一生懸命やるだけ。

というより、やらせてもらってる。

今は
心からそう思えるようになって
良かったと思います。

1人の能力は大したことないけど
多くの人と関わっている。

その中で自分の立場が把握できたら楽ですね。

多様なスキルが身について
効率と信用が理解できて
仕事の向こうにあるものが見えるようになると
余裕が出て、大きなやりがいになって
仕事に優越が無いことが本当の意味でわかるような気がします。






今でも新聞配達したいなってふと思うことがあります(^-^)

自然と規則正しい生活にもなるし
朝ご飯がめちゃくちゃ美味しく頂けるし
何より朝から「ありがとう」って言われるんですから。

今の年齢だといい運動にもなるし
自然も直に感じられて
人の温もりまでダイレクトに響いて
心も体も柔らかくなりそう♪
いいことづくしだと思う(^-^)

ああ、懐かし♪
純粋な中学生の頃は、それがダイレクトに感動するわけですよ。


新聞配達のおじさんのバイクが聞こえると
懐かしいあのころがいつでも蘇ってきて
ふんわりあったかくなります。


それぞれ人生において「仕事」の価値観は違います。

1日の3分1が仕事だとすれば
人生の3分1が仕事に時間を費やしていることになります。

どうせなら、仕事が楽しくやりがいがあって充実した
取り組み方であった方が人生お得ですね。



「ヨガ」日本中の人に知っていただきましょう(^-^)

学生に戻ったようでした❣

すごくワチャワチャできて楽しかったです(^-^)

みんな、とても素敵な表情❣

背中押せたかな。
緩んでくれたかな。

どんどん経験して
ヨガをして
一つ一つ向き合って
いろんなこと知っていこ。


ヨガで「愛」育んでいきましょうね

また、会いましょう!

今度、市原行くときは
5時間前に出発しなきゃです(笑)

ご参加ありがとうございました。


今日のすべてに感謝致します。
千葉由美子。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です